その他の言語 :

Stellariumは、無料のオープンソースプラネタリウムです。また、裸眼や双眼鏡で見える星空と同等の、リアルな3Dの星空を表示します。

木星の近くで輝く流星。ビューウィンドウでは、異なる明るさを選択することができます。

木星の近くで輝く流星。ビューウィンドウでは、異なる明るさを選択することができます。

スクリーンショットの表示 »
オリオン大星雲。Nキーを押すと、星雲の名前が表示されます。Cキーを押せば、星座線を表示することができます。

オリオン大星雲。Nキーを押すと、星雲の名前が表示されます。

スクリーンショットの表示 »
ミュンヘン近郊のESO本部での惑星のダンス。

ミュンヘン近郊のESO本部での惑星のダンス。

スクリーンショットの表示 »
星座と背景と天の川を含んだ全体の表示。

星座と背景と天の川を含んだ全体の表示。

スクリーンショットの表示 »
',

詳細は左の画像をクリックしてください。

  • Slide 1
  • Slide 2
  • Slide 3
  • Slide 4
  • Slide 5

機能

天体

  • デフォルトで60万個以上の恒星のカタログ
  • 追加で1億7,700万個以上の恒星のカタログ
  • デフォルトで8万個以上の星雲星団のカタログ
  • 追加で100万個以上の星雲星団のカタログ
  • 星座のアステリズムとイラスト
  • constellations for 40+ different cultures
  • 星雲の画像 (メシエカタログのすべて)
  • 本物のような天の川
  • 大気の効果を考慮した、本物のような日の出や日没
  • 惑星やその衛星
  • all-sky surveys (DSS, HiPS)

操作画面

  • 便利な拡大・縮小機能
  • 時間の操作
  • 多言語対応
  • プラネタリウムのドームのための魚眼投影法
  • 安価な私的なドームのための球面鏡投影
  • 画面とキーボードの両方を利用できる操作方法
  • 望遠鏡の操作

視覚効果

  • several coordinate grids
  • precession circles
  • 星のまたたき
  • 流星
  • 彗星の尾
  • 食のシミュレーション
  • 超新星、新星のシミュレーション
  • exoplanet locations
  • 3D風景
  • skinnable landscapes with spheric panorama projection

カスタマイズ性

  • plugin system adding artifical satellites, ocular simulation, telescope control and more
  • オンラインリソースからの新しい天体の追加...
  • 深宇宙の天体、背景、星座絵、スクリプトなどを自分で作成し、追加可能

ニュース

システム要件

最低要件

  • Linux/Unix; Windows 7 以上; Mac OS X 10.12.0 以上
  • 3D graphics card which supports OpenGL 3.0 and GLSL 1.3 or OpenGL ES 2.0
  • 512MB RAM
  • 500 MiB on disk
  • Keyboard
  • Mouse, Touchpad or similar pointing device

推奨要件

  • Linux/Unix; Windows 7 以上; Mac OS X 10.12.0 以上
  • OpenGL 3.3以上をサポートする 3D グラフィックカード
  • 1GB RAM またはそれ以上
  • 1.5GB のハードディスク容量
  • Keyboard
  • Mouse, Touchpad or similar pointing device

開発者

プロジェクトの責任者: Fabien Chéreau
グラフィック・デザイナー: Martín Bernardi
開発者: Alexander V. Wolf, Guillaume Chéreau, Georg Zotti
Sky cultures researcher: Susanne M. Hoffmann
Collaborator: Alexander Duytschaever
そしてコミュニティのその他全ての人々.

SNS

協力

Stellarium 関する詳しい情報、質問、プロジェクトへの協力には、以下のリンクをご覧ください:

acknowledgment

If the Stellarium planetarium was helpful for your research work, the following acknowledgment would be appreciated:

This research has made use of the Stellarium planetarium

Zotti, G., Hoffmann, S. M., Wolf, A., Chéreau, F., & Chéreau, G. (2021). The Simulated Sky: Stellarium for Cultural Astronomy Research. Journal of Skyscape Archaeology, 6(2), 221–258. https://doi.org/10.1558/jsa.17822

Or you may download the BibTeX file of the paper to create another citation format.

git

Stellariumの最新開発版のスナップショットはGitHubに保存されています。Stellariumの開発バージョンをコンパイルする場合は、ここからソースコードを入手できます。

サポータとフレンド

Stellariumはフォローしている人々や組織の支援とサポートを得て、開発者チームの努力によって作成されています。 .

langlinks