その他の言語 :

Stellariumは、無料のオープンソースプラネタリウムです。また、裸眼や双眼鏡で見える星空と同等の、リアルな3Dの星空を表示します。

木星の近くで輝く流星。ビューウィンドウでは、異なる明るさを選択することができます。

木星の近くで輝く流星。ビューウィンドウでは、異なる明るさを選択することができます。

スクリーンショットの表示 »
オリオン大星雲。Nキーを押すと、星雲の名前が表示されます。Cキーを押せば、星座線を表示することができます。

オリオン大星雲。Nキーを押すと、星雲の名前が表示されます。

スクリーンショットの表示 »
ミュンヘン近郊のESO本部での惑星のダンス。

ミュンヘン近郊のESO本部での惑星のダンス。

スクリーンショットの表示 »
星座と背景と天の川を含んだ全体の表示。

星座と背景と天の川を含んだ全体の表示。

スクリーンショットの表示 »
',

詳細は左の画像をクリックしてください。

  • Slide 1
  • Slide 2
  • Slide 3
  • Slide 4
  • Slide 5

user contributed sky cultures

We have few user contributed sky cultures which are not included into default package for some reasons.

how to install sky cultures

After you have downloaded the .zip file for a sky culture from this page, you need to install it in Stellarium.

手動インストール

Please follow this procedure to install a sky culture package:

  • ユーザー・データ・ディレクトリを参照します。これはOSによって位置が異なります。
  • Create a sub-directory called skycultures in your user directory (if it doesn't exist).
  • Unzip the sky culture .zip file in the skycultures directory (if it's done right, a sub-directory should be created for each sky culture).

貢献

Please feel free to contribute your own custom sky culture here. Make thumbnails 300x170 pixels to fit with the rest of the page.

To find out more about how to create a sky culture, see the Stellarium User Guide, and examine existing sky cultures. If you are having problems, posting to the forums is a good way to get some advice.

画像の寸法に関する重要な注意

重要:すべてのテクスチャの大きさが2の整数乗、つまり256、512、1024、2048、4096、8192、16384などであることを確認してください。例えば4096x1024、2048x2048など。

これはOpenGLの制限です。一部のビデオハードウェアは異なる画像寸法の画像でも問題なく動作しますが、多くは正しく表示されずフレームレートが大幅に低下し、さらにはコンピューターをクラッシュさせます。

Please make sure all contributed sky cultures conform to these requirements, or your link may be removed.

多くの人のビデオ・ハードウェアは非常に大きなテクスチャを処理できないことに注意してください。これはハードウェアとドライバーに依存します。一般的に最大画像サイズは2048x2048または4096x4096です。

パッケージの内容

Please package your sky culture in a .zip file with all files inside a directory in the .zip file. This should be unique to your sky culture, and it would be nice if it was all lower-case with no spaces.

You should also include a description.en.utf8 file which describes the sky culture and specifies any usage restrictions or licensing terms for the images used in the sky culture.

ライセンス

Before you distribute images as part of a Stellarium sky culture, please ensure you are legally entitled to - you must be the copyright holder for the images, or be able to distribute them for use with Stellarium under the terms of some agreement with the copyright holder (e.g. Creative Commons licensed images found on the web).

It is important to explicitly state what use may be made of images for your sky culture. This should be done in the description.en.utf8 file (and value for option 'license' in info.ini file) inside the .zip file.

Stellarium本体と互換性のあるオープンソース・ライセンス(つまりGNU GPL)、またはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの1つをお勧めします。

ファイルの文字エンコード

The info.ini and description.en.utf8 files should be UTF-8 encoded text or plain ASCII. It's probably a good idea to adopt the Windows line ending encoding, (i.e. CR LF). Both Windows and *nix style line ending encoding should work OK in Stellarium, but Windows users will have an ugly time reading the description.en.utf8 if it uses *nix-style newlines.

ウェブサイトは必要ですか?

If you have a sky culture you would like to share but have no web-space to put it, email to any Stellarium developers and we'll put it on our site.

langlinks