Stellariumで日本語を表示するには

(Difference between revisions)
Jump to: navigation, search
(現在のバージョン0.10.5では、最初から日本語が表示されます。)
Line 1: Line 1:
 
現在のバージョン0.10.5では、最初から日本語が表示されます。
 
現在のバージョン0.10.5では、最初から日本語が表示されます。
 +
 +
 +
== 過去のバージョンの日本語化 ==
  
  

Revision as of 17:01, 8 August 2010

現在のバージョン0.10.5では、最初から日本語が表示されます。


Contents

過去のバージョンの日本語化

Stellariumは基本的に日本語化されています。ところが、標準で使われるDejaVuSans.ttfフォントは、ラテン文字やアラビア文字は含んでいるのですが、ダウンロードサイズを小さくするために、ひらがなや漢字など東アジアの文字は含まれていないのです。そのため、日本語や中国語、韓国語の文字を表示するためには自分自身でフォントを見つけてくる必要があります。

以下は、GNU General Public Licenseなフォントの一覧です。これらはStellariumで動作することが確認されています:

  • 中国語の繁体字: [1]
  • 中国語の簡体字: [2]

また、以下は書体関係Wikiに掲載されているGPLかそれに準ずるほど自由に利用可能なフォントの一覧です。大まかなライセンスの種類によって分類されているので、目的にあわせて選択してください:

  • 日本語フォント(free): [3]

同Wikiに掲載されている無償で利用できるけれども、比較的制限のあるフォントの一覧へのリンクも載せておきます。これらのフォントでも、基本的に自分のパソコンにインストールしたStellariumで使う場合など、個人的な利用に関する限りこれらのフォントは自由に利用可能です。詳しいことは必ずフォントの配布サイトを確認してください:

  • 日本語フォント(nonfree): [4]

日本語フォントを利用する方法

ここでは非商用では自由に使える手書きフォントである「あくあフォント」を例に、フォントをインストールする方法を紹介します。まず、Teardrops in Aquablueの「Font」コーナーの「ダウンロード」からあくあフォントをダウンロードします。TrueTypeフォントの方を選択してください。zip/lzhファイル、あくあフォント/あくあPフォントはどちらでもかまいません。ここではaquap2_6.zipをダウンロードしたものとして話をすすめます。

編集する部分が少なくてすむ簡単な方法と、複数の言語の複数のフォントを混在させられるようになる正しい方法の二種類を説明します。ただ日本語で表示したいだけなら、簡単な方法でも充分です。

簡単な方法

aquap2_6.zipを解凍し、中に二つのファイルがあることを確認してください。今必要なのはaqua_pfont.ttfです。まず、aqua_pfont.ttfukai.ttfというファイル名に変更します(これによって編集しなければならない部分が少なくなります)。次に、このファイルをStellariumがインストールされたディレクトリ(インストール時の設定にもよりますが、標準だとWindowsはC:\Program Files\Stellarium、Macはアプリケーションバンドルの中にあるContents/Resources、Linuxは/usr/share/stellarium/usr/local/share/stellariumになります)の中にある、dataフォルダの中に置いてください。その後、config.iniの中にあるbase_font_nameの値(初期設定ではDejaVuSans.ttf)をukai.ttfに変更してください。

注 Macでconfig.ini の場所 ユーザー名/ライブラリ/Preferences/Stellarium

base_font_name                 = ukai.ttf

次に、sky_localeapp_localeの値(初期設定ではsystem)をjaに変更してください。

sky_locale                     = ja
app_locale                     = ja

Stellariumを再起動すると、日本語化されている部分は日本語で表示されるようになります。

正しい方法

aquap2_6.zipを解凍し、中に二つのファイルがあることを確認してください。今必要なのはaquap_font.ttfです。このファイルをStellariumがインストールされたディレクトリ(インストール時の設定にもよりますが、標準だとWindowsはC:\Program Files\Stellarium、Macはアプリケーションバンドルの中にあるContents/Resources、Linuxは/usr/share/stellarium/usr/local/share/stellariumになります)の中にある、dataフォルダの中に置いてください。その後、config.iniの中にあるbase_font_nameの値(初期設定ではDejaVuSans.ttf)をaqua_pfont.ttfに変更し、base_cfont_nameの行を追加してください。

注 Macでconfig.ini の場所 ユーザー名/ライブラリ/Preferences/Stellarium

base_font_name                 = aqua_pfont.ttf
base_cfont_name                = aqua_pfont.ttf

次に、sky_localeapp_localeの値(初期設定ではsystem)をjaに変更してください。

sky_locale                     = ja
app_locale                     = ja

さらに、同じディレクトリの中にあるfontmap.datを開き

ja      aqua_pfont.ttf        1.2     aqua_pfont.ttf        1.2
ja_JP   aqua_pfont.ttf        1.2     aqua_pfont.ttf        1.2

となるように設定してください。

注意点としては、天体名はfontmap.datで指定したフォントが、それ以外の部分はconfig.iniで指定したフォントが使われるということです。 Stellariumを再起動すると、日本語化されている部分は日本語で表示されるようになります。

ヘルプウィンドウが文字化けする

残念なことに、それはStellariumのバグです。ですが回避する方法はあります。config.iniを開き、base_font_nameと書いてあるあたりを

base_font_name                 = ukai.ttf
base_cfont_name                = ukai.ttf
flag_show_script_bar           = false

となるようにbase_cfont_nameの行を入力します。次回起動時以降、ヘルプウィンドウは文字化けしなくなるはずです。

Personal tools
Namespaces
Variants
Actions
in this wiki
other languages
Toolbox