背景 0.9.0以前

From Stellarium Wiki
(Difference between revisions)
Jump to: navigation, search
(Blanked the page)
(Undo revision 12406 by Thebig-J (talk))
 
Line 1: Line 1:
 +
__NOTOC__
 +
ここには、Stellariumの利用者によって作られた、いろんな背景画像へのリンクがあります。
  
 +
'''註:'''バージョン0.9.0以降、背景画像ファイルの場所や内容、インストール方法が若干変更されています。新しいバージョンにおけるインストール方法は、[[背景画像|こちらのページ]]を確認してください。
 +
 +
=新しい背景をインストールするための、一般的な注意点=
 +
より具体的な方法は、それぞれの背景のところに書いてあります。
 +
#1つかそれ以上の.pngファイルを特定のディレクトリにコピーします
 +
#landscape.iniファイルを編集する
 +
それぞれの背景の説明の中には<設定用ディレクトリ>という言葉がでてきます。これに関する詳しいことは、[http://www.porpoisehead.net/mysw/stellarium_user_guide_html-0.8.0-1/node29.html ここ]で読むことができます。
 +
 +
新しい背景をインストールしたあとは、変更を反映するためにStellariumを再起動してください。うまく設定できているなら、環境設定ウィンドウの背景タブに新しい背景が追加されていることでしょう。
 +
 +
新しい背景の作成方法については、[http://www.porpoisehead.net/mysw/stellarium_user_guide_html-0.8.0-1/node41.html 取扱説明書]に書いてあります。
 +
 +
=背景画像集=
 +
 +
==Paul Bourke - 背景画像集==
 +
{|
 +
|http://www.stellarium.org/wikiimg/landscapes/bourke.jpg
 +
|Paul Bourkeは[http://local.wasp.uwa.edu.au/~pbourke/projection/stellarium/ このページ]で、オーストラリアやカンボジア、インドなどを含む、さまざまな場所や画像の背景を提供しています。360度の魚眼画像であり、大地を見回すことができるようになっています。
 +
|}
 +
===ダウンロード===
 +
PaulのWebサイトからファイルをダウンロードしてください。
 +
===インストール===
 +
#背景画像を<設定用ディレクトリ>/textures/landscapesにコピーしてください
 +
#<設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniファイルを編集します。PaulのWebサイトに書いてある内容を追記してください
 +
 +
==Barry Gerdes - オーストラリアのシドニーにあるボーモントの丘==
 +
{|
 +
| http://www.stellarium.org/wikiimg/landscapes/beaumont-hills.jpg
 +
| Barryは彼の家の屋根から見える風景を元に、複数の画像を使った背景を作成してくれました。この背景の作成方法については、[http://www.porpoisehead.net/mysw/stellarium_user_guide_html-0.8.0-1/node56.html Stellarium取扱説明書]に詳細に書かれています。
 +
|}
 +
===ダウンロード===
 +
 +
*[http://www.porpoisehead.net/mysw/downloads/landscape_beaumonthills.zip landscape_beaumonthills.zip] (ミラー)
 +
 +
===インストール===
 +
'''Stellarium version 0.7.1'''の場合:
 +
#ダウンロードしたファイルを解凍してください
 +
#.pngファイルを<設定用ディレクトリ>/textures/landscapesにコピーしてください
 +
#landscapes.iniを<設定用ディレクトリ>/data directoryにコピーしてください(元ファイルを上書きしてください)。もし元のlandscapes.iniを既に修正しているなら、[Beaumonthills]セクションだけを、元ファイルの最後に追加してください
 +
'''Stellarium version 0.8.0'''の場合:
 +
#ダウンロードしたファイルを解凍してください
 +
#.pngファイルを<設定用ディレクトリ>/textures/landscapesにコピーしてください
 +
#<設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniに、次の内容を追加してください
 +
[Beaumonthills]
 +
name = beaumont
 +
Author = B.Gerdes
 +
description = Local Site Panorama
 +
type = old_style
 +
nbsidetex = 10
 +
tex0 = landscapes/beau1.png
 +
tex1 = landscapes/beau2.png
 +
tex2 = landscapes/beau3.png
 +
tex3 = landscapes/beau4.png
 +
tex4 = landscapes/beau5.png
 +
tex5 = landscapes/beau6.png
 +
tex6 = landscapes/beau7.png
 +
tex7 = landscapes/beau8.png
 +
tex8 = landscapes/beau9.png
 +
tex9 = landscapes/beau10.png
 +
nbside = 10
 +
side0 = tex8:0:0.005:1:1
 +
side1 = tex9:0:0.005:1:1
 +
side2 = tex0:0:0.005:1:1
 +
side3 = tex1:0:0.005:1:1
 +
side4 = tex2:0:0.005:1:1
 +
side5 = tex3:0:0.005:1:1
 +
side6 = tex4:0:0.005:1:1
 +
side7 = tex5:0:0.005:1:1
 +
side8 = tex6:0:0.005:1:1
 +
side9 = tex7:0:0.005:1:1
 +
groundtex = landscapes/beaub.png
 +
ground = groundtex:0:0:1:1
 +
fogtex = fog.png
 +
fog = fogtex:0:0:1:1
 +
nb_decor_repeat = 1
 +
decor_alt_angle = 35
 +
decor_angle_shift = -22
 +
decor_angle_rotatez = -29
 +
ground_angle_shift = -22
 +
ground_angle_rotatez = 95
 +
fog_alt_angle = 20
 +
fog_angle_shift = -3
 +
draw_ground_first = 1
 +
 +
==Steinar Midtskogen - ノルウェーのオスロにあるVoksenlia==
 +
{|
 +
| http://www.stellarium.org/wikiimg/landscapes/voksenlia.jpg
 +
|Steinar MidtskogenはノルウェーのオスロにあるVoksenlia(北緯59°58'14、東経10°38'57、高度348m)の風景を元にした、[http://porpoisehead.net/mysw/downloads/voksenlia.png とても大きな(17MBもの!)背景画像]を送ってくれました。
 +
|}
 +
===ダウンロード===
 +
[http://porpoisehead.net/mysw/downloads/voksenlia.png voksenlia.png]
 +
===インストール===
 +
#このファイルを<設定用ディレクトリ>/textures/landscapesに保存してください
 +
#<設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniに、以下の内容を追加してください:
 +
[voksenlia]
 +
name = Voksenlia
 +
type = spherical
 +
maptex = landscapes/voksenlia.png
 +
 +
==Friedrich Noelle & Barry Gerdes - スコットランドのエディンバラにあるコールトンの丘==
 +
{|
 +
| http://www.stellarium.org/wikiimg/landscapes/observatory-hill-Barry.jpg
 +
| Friedrich Noelleはエディンバラの丘からの素晴らしいパノラマ写真を撮影し、BarryがStellariumの背景に使えるよう変換してくれました。
 +
|}
 +
===ダウンロード===
 +
 +
*[http://www.geocities.com/wendygblyde/] (Barryのサイト)
 +
*[http://www.porpoisehead.net/mysw/downloads/landscape_edinburgh.zip landscape_edinburgh.zip] (ミラー)
 +
 +
===インストール===
 +
'''Stellarium version 0.8.0'''用:
 +
#ダウンロードしたファイルを解凍してください
 +
#.pngファイルを<設定用ディレクトリ>/textures/landscapesにコピーしてください
 +
#<設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniに、次の内容を追加してください
 +
[Edinburgh]
 +
name = edinburgh
 +
type = old_style
 +
nbsidetex = 8
 +
tex0 = landscapes/edin-1.png
 +
tex1 = landscapes/edin-2.png
 +
tex2 = landscapes/edin-3.png
 +
tex3 = landscapes/edin-4.png
 +
tex4 = landscapes/edin-5.png
 +
tex5 = landscapes/edin-6.png
 +
tex6 = landscapes/edin-7.png
 +
tex7 = landscapes/edin-8.png
 +
nbside = 8
 +
side0 = tex5:0:0.005:1:1
 +
side1 = tex6:0:0.005:1:1
 +
side2 = tex7:0:0.005:1:1
 +
side3 = tex0:0:0.005:1:1
 +
side4 = tex1:0:0.005:1:1
 +
side5 = tex2:0:0.005:1:1
 +
side6 = tex3:0:0.005:1:1
 +
side7 = tex4:0:0.005:1:1
 +
groundtex = landscapes/edinb.png
 +
ground = groundtex:0:0:1:1
 +
fogtex = fog.png
 +
fog = fogtex:0:0:1:1
 +
nb_decor_repeat = 1
 +
decor_alt_angle = 40
 +
decor_angle_shift = -17
 +
decor_angle_rotatez = -21
 +
ground_angle_shift = -17
 +
ground_angle_rotatez = 135
 +
fog_alt_angle = 20
 +
fog_angle_shift = -3
 +
draw_ground_first = 1
 +
 +
==Graeme Ewing - オーストラリアのロード・ハウ島にあるトランジットの丘==
 +
{|
 +
| http://www.stellarium.org/wikiimg/landscapes/transit-hill.jpg
 +
| Graeme Ewingは天文学的にも意義深く、眺めも素晴らしいパノラマ画像を提供してくれました。これは、オーストラリアのシドニーの北東にある、トランジットの丘です。
 +
|}
 +
 +
===ダウンロード===
 +
 +
*[http://www.porpoisehead.net/mysw/downloads/landscape_transit_hill.zip landscape_transit_hill.zip]
 +
 +
===インストール===
 +
'''Stellarium version 0.8.0'''用:
 +
#ダウンロードしたファイルを解凍してください
 +
#.pngファイルを<設定用ディレクトリ>/textures/landscapesにコピーしてください
 +
#<設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniに、次の内容を追加してください
 +
[transithill]
 +
name = TransitHill
 +
author = Graeme Ewing
 +
description = Transit Hill is on Lord Howe Island where \nastronomers attempted to observe the transit of \nVenus across the sun in 1882.Lord Howe  Island \nis a jewel on the World Heritage List 770 kilometres \nnorth east  of Sydney, Australia.
 +
type = old_style
 +
nbsidetex = 10
 +
tex0 = landscapes/transithill4.png
 +
tex1 = landscapes/transithill5.png
 +
tex2 = landscapes/transithill6.png
 +
tex3 = landscapes/transithill7.png
 +
tex4 = landscapes/transithill8.png
 +
tex5 = landscapes/transithill9.png
 +
tex6 = landscapes/transithill10.png
 +
tex7 = landscapes/transithill1.png
 +
tex8 = landscapes/transithill2.png
 +
tex9 = landscapes/transithill3.png
 +
nbside = 10
 +
side0 = tex0:0:0.005:1:1
 +
side1 = tex1:0:0.005:1:1
 +
side2 = tex2:0:0.005:1:1
 +
side3 = tex3:0:0.005:1:1
 +
side4 = tex4:0:0.005:1:1
 +
side5 = tex5:0:0.005:1:1
 +
side6 = tex6:0:0.005:1:1
 +
side7 = tex7:0:0.005:1:1
 +
side8 = tex8:0:0.005:1:1
 +
side9 = tex9:0:0.005:1:1
 +
groundtex = landscapes/transithillb.png
 +
ground = groundtex:0:0:1:1
 +
fogtex = fog.png
 +
fog = fogtex:0:0:1:1
 +
nb_decor_repeat = 1
 +
decor_alt_angle = 45
 +
decor_angle_shift = -22
 +
decor_angle_rotatez = -20
 +
ground_angle_shift = -22
 +
ground_angle_rotatez = 45
 +
fog_alt_angle = 20
 +
fog_angle_shift = -3
 +
draw_ground_first = 1
 +
 +
==Johan - 火星にあるハズバンドの丘==
 +
{|
 +
| http://www.stellarium.org/wikiimg/landscapes/husband-hill.jpg
 +
| JohanはNASAが公開した火星の画像を、Stellariumで使えるようなパノラマ画像へと変換してくれました。火星探査車のスピリットは2005年8月の24日から27日にかけて、この画像を作成しました。画像の著作権はNASA/JPL-Caltech/Cornellにあります。
 +
この画像についての情報は次のWebサイトを読んでください: http://marsrovers.nasa.gov/gallery/panoramas/spirit/2005.html
 +
|}
 +
===ダウンロード===
 +
*[http://users.pandora.be/jomejom/stellarium/husband-hill.png husband-hill.png] (Johanのサイト)
 +
 +
===インストール===
 +
#ダウンロードした.pngファイルを<設定用ディレクトリ>/textures/landscapesにコピーしてください
 +
#<設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniに、次の内容を追加してください
 +
[mars]
 +
name = Husband Hill, Mars
 +
type = spherical
 +
maptex = landscapes/husband-hill.png
 +
 +
==Johan - ポルトガル、アルガルベ地方のラゴスにあるピエダデ岬==
 +
{|
 +
| http://www.stellarium.org/wikiimg/landscapes/ponta-da-piedade.jpg
 +
| Johanは2006年の6月にこの風景を撮影し、Stellariumで使えるように修正してくれました。
 +
ここはポルトガル南部の大西洋に面した海岸で、砂岩の絶壁や灯台、天然の橋が見てとれます。
 +
|}
 +
===ダウンロード===
 +
*[http://users.pandora.be/jomejom/stellarium/lagos.png lagos.png]
 +
 +
===インストール===
 +
#ダウンロードしたファイルを解凍してください
 +
#.pngファイルを<設定用ディレクトリ>/textures/landscapesにコピーしてください
 +
#<設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniに、次の内容を追加してください
 +
[Lagos]
 +
name = Ponta da Piedade, Portugal
 +
type = spherical
 +
maptex = landscapes/lagos.png
 +
 +
==Mike - 海==
 +
{|
 +
| http://www.stellarium.org/wikiimg/landscapes/landscape_ocean_thumb.jpg
 +
| Mikeはフォーラムにこの背景画像を投稿してくれました。これは目を瞠るような風景画像を生成する[http://www.planetside.co.uk/terragen/ Terragen]を使って作成されました。もし、はっきりした水平線を背景にしたい場合、この画像が役立つでしょう。
 +
|}
 +
===ダウンロード===
 +
*[http://porpoisehead.net/mysw/downloads/landscape_ocean.zip landscape_ocean.zip] (porpoisehead.net)
 +
 +
===インストール===
 +
#ダウンロードしたファイルを解凍してください
 +
#.pngファイルを<設定用ディレクトリ>/textures/landscapesにコピーしてください
 +
#<設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniに、次の内容を追加してください
 +
[Ocean]
 +
name = Ocean
 +
type = old_style
 +
nbsidetex = 8
 +
tex0 = landscapes/ocean1.png
 +
tex1 = landscapes/ocean2.png
 +
tex2 = landscapes/ocean3.png
 +
tex3 = landscapes/ocean4.png
 +
tex4 = landscapes/ocean5.png
 +
tex5 = landscapes/ocean6.png
 +
tex6 = landscapes/ocean7.png
 +
tex7 = landscapes/ocean8.png
 +
nbside = 8
 +
side0 = tex0:0:0.005:1:1
 +
side1 = tex1:0:0.005:1:1
 +
side2 = tex2:0:0.005:1:1
 +
side3 = tex3:0:0.005:1:1
 +
side4 = tex4:0:0.005:1:1
 +
side5 = tex5:0:0.005:1:1
 +
side6 = tex6:0:0.005:1:1
 +
side7 = tex7:0:0.005:1:1
 +
groundtex = landscapes/ocean9.png
 +
ground = groundtex:0:0:1:1
 +
fogtex = fog.png
 +
fog = fogtex:0:0:1:1
 +
nb_decor_repeat = 1
 +
decor_alt_angle = 45
 +
decor_angle_shift = -44.5
 +
decor_angle_rotatez = 180
 +
ground_angle_shift = -44.5
 +
ground_angle_rotatez = 90
 +
fog_alt_angle = 40
 +
fog_angle_shift = -6
 +
draw_ground_first = 1
 +
 +
==Mike - マーズ・オポチュニティ==
 +
{|
 +
| http://www.stellarium.org/wikiimg/landscapes/landscape_marsopportunity_thumb.jpg
 +
| Mikeはこの画像をフォーラムに投稿してくれました。もう一台の火星探査車であるオポチュニティからの画像です。
 +
|}
 +
===ダウンロード===
 +
*[http://porpoisehead.net/mysw/downloads/landscape_mars.zip landscape_mars.zip] (porpoisehead.net)
 +
 +
===インストール===
 +
#ダウンロードしたファイルを解凍してください
 +
#.pngファイルを<設定用ディレクトリ>/textures/landscapesにコピーしてください
 +
#<設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniに、次の内容を追加してください
 +
[Mars_Opportunity_Rover]
 +
name = Mars_Opportunity_Rover
 +
type = spherical
 +
maptex = landscapes/Mars_Opportunity_Rover.png
 +
 +
==Hiram Bertoch - ソルトレークシティ==
 +
{|
 +
| http://www.stellarium.org/wikiimg/landscapes/saltlakecity.jpg
 +
| Hiramはこのパノラマ画像をKidsKnowIt Networkの奉仕活動の中で作成してくれました。
 +
|}
 +
===ダウンロード===
 +
*http://www.KidsKnowIt.com/saltlakecity.zip
 +
 +
===インストール===
 +
#ダウンロードしたファイルを解凍してください
 +
#全てのpng画像をテクスチャフォルダにコピーしてください
 +
#landscapes.ini.txtの内容を、landscapes.iniに追加してください
 +
 +
==Martin Mutti - スイスのGurnigel==
 +
{|
 +
| http://www.stellarium.org/wikiimg/landscapes/landscape_gurnigel_thumb.png
 +
| これはベルンにある天文学会の観測所からの風景です。
 +
|}
 +
===ダウンロード===
 +
*http://porpoisehead.net/mysw/downloads/landscape_gurnigel.zip
 +
 +
===インストール===
 +
#ダウンロードしたファイルを解凍してください
 +
#全てのpng画像を<code>textures/landscapes</code>フォルダにコピーしてください
 +
#zipファイルの中にあったlandscapes.iniの内容を、<code><設定用ディレクトリ>/data/landscapes.ini</code>に追加してください
 +
 +
==Dmitri Ardashev - ロシアのTishinka==
 +
{|
 +
| http://www.stellarium.org/wikiimg/landscapes/tishinka-ardashev.jpg
 +
| Tishinkaはモスクワとカルーガの間にあり、モスクワから130km南西に位置する小さな村です(北緯55°18'32.46、東経36°26'42.06、高度195メートル)。
 +
|}
 +
===ダウンロード===
 +
*http://dardashev.newmail.ru/tishinka.ZIP
 +
 +
===インストール===
 +
#ダウンロードしたファイルを解凍してください
 +
#全てのpng画像を<code>textures/landscapes</code>フォルダにコピーしてください
 +
#zipファイルの中にあったlandscapes.iniの内容を、<code><設定用ディレクトリ>/data/landscapes.ini</code>に追加してください
 +
 +
==Makc - エベレスト山頂==
 +
{|
 +
| http://porpoisehead.net/mysw/images/landscape_everest_thumb.png
 +
| 海抜8850メートルという、エベレスト山頂からのすばらしい眺めです。[http://www.everestviews.com/ Roddy Mackenzie]は1989年に登頂し、この画像を撮影しました。
 +
|}
 +
 +
===ダウンロード===
 +
*http://porpoisehead.net/mysw/downloads/landscape_everest.zip
 +
 +
===インストール===
 +
#ダウンロードしたファイルを解凍してください
 +
#著作権と使い方に関して書いてあるreadme.txtを読んでください
 +
#everest.pngを<code>textures/landscapes</code>フォルダにコピーしてください
 +
#zipファイルの中にあったlandscapes.iniの内容を、<code><設定用ディレクトリ>/data/landscapes.ini</code>に追加してください
 +
 +
==Makc - 国際宇宙ステーション==
 +
{|
 +
| http://porpoisehead.net/mysw/images/landscape_iss_thumb.png
 +
| この画像は[http://www.shatters.net/celestia/ Celestia]という素晴らしいソフトを利用して作成しました。
 +
|}
 +
 +
===ダウンロード===
 +
*http://porpoisehead.net/mysw/downloads/landscape_iss.zip
 +
 +
===インストール===
 +
#ダウンロードしたファイルを解凍してください
 +
#著作権と使い方に関して書いてあるreadme.txtを読んでください
 +
#iss.pngを<code>textures/landscapes</code>フォルダにコピーしてください
 +
#zipファイルの中にあったlandscapes.iniの内容を、<code><設定用ディレクトリ>/data/landscapes.ini</code>に追加してください
 +
 +
 +
==Sylvain Rondi - フランスのピク・デュ・ミディ天文台にあるT60ドーム==
 +
{|
 +
| http://www.astrosurf.com/rondi/instru/stellarium/wiki-panot60.jpg
 +
| Sylvainは2007年の2月にこの写真を撮影し、Stellariumで使えるように加工しました。これはピク・デュ・ミディ天文台に設置された、 [http://astrosurf.com/t60/ T60 Association]と呼ばれるアマチュアの60cm望遠鏡ドームからの風景です。
 +
|}
 +
 +
===ダウンロード===
 +
*[http://www.astrosurf.com/rondi/instru/stellarium/picdumidi-t60.png picdumidi-t60.png] (Sylvainの[http://www.astrosurf.com/rondi/instru/stellarium/index.htm サイト])
 +
 +
===インストール===
 +
#.pngファイルを<code><設定用ディレクトリ>/textures/landscapes</code>にコピーしてください
 +
#<code><設定用ディレクトリ>/data/landscapes.ini</code>に、次の内容を追加してください
 +
[T60 Pic du Midi]
 +
name = T60 Pic du Midi
 +
author = S.Rondi, I.Debordeaux, B.David
 +
description = Panorama depuis le fameux T60 \ndu non moins celebre Observatoire \ndu Pic du Midi  (2877m).
 +
type = spherical
 +
maptex = landscapes/picdumidi-t60.png
 +
 +
==Sylvain Rondi - フランスのピク・デュ・ミディ天文台にあるT1Mテラス==
 +
{|
 +
| http://www.astrosurf.com/rondi/instru/stellarium/wiki-panot1m.jpg
 +
| Sylvainは2007年の2月にこの写真を撮影し、Stellariumで使えるように加工しました。これはピク・デュ・ミディ天文台にある106cm望遠鏡のテラスからの風景です。
 +
|}
 +
 +
===ダウンロード===
 +
*[http://www.astrosurf.com/rondi/instru/stellarium/picdumidi-t1m.png picdumidi-t1m.png]  (Sylvainの[http://www.astrosurf.com/rondi/instru/stellarium/index.htm サイト])
 +
 +
===インストール===
 +
#.pngファイルを<code><設定用ディレクトリ>/textures/landscapes</code>にコピーしてください
 +
#<code><設定用ディレクトリ>/data/landscapes.ini</code>に、次の内容を追加してください
 +
[T1M Pic du Midi]
 +
name = T1M Pic du Midi
 +
author = S.Rondi, I.Debordeaux, B.David
 +
description = Panorama depuis la terrasse du T1M \nde l'Observatoire du Pic du Midi (2877m).
 +
type = spherical
 +
maptex = landscapes/picdumidi-t1m.png
 +
 +
==Jan Wedekind - イギリスはシェフィールドにあるRivelin川==
 +
{|
 +
| http://vision.eng.shu.ac.uk/jan/sheffieldrivelin-thumb.png
 +
| これは、40毎の写真と[http://hugin.sourceforge.net/ hugin]を用いて作成した270度パノラマ画像です。2007年の4月中旬のシェフィールドのRivelin川の様子です。周辺部は[http://www.gimp.org/ gimp]を用いてぼやかし、地平線付近の露出過多な部分は削除しました。著作権表示:(C) 2007, [[User:Wedesoft|Jan Wedekind]], [http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0/ Creative Commons Attribution ShareAlike License 2.0].
 +
|}
 +
<!-- To the Stellarium-team: Feel free to remove or modify it. Thanks for your great software! -->
 +
 +
===ダウンロード===
 +
* [http://vision.eng.shu.ac.uk/jan/sheffieldrivelin.png sheffieldrivelin.png] (10.3 MByte)
 +
 +
===インストール===
 +
#.pngファイルを<code><設定用ディレクトリ>/textures/landscapes</code>にコピーしてください
 +
#<code><設定用ディレクトリ>/data/landscapes.ini</code>に、次の内容を追加してください
 +
[sheffield]
 +
name = Sheffield Rivelin, UK
 +
author = Jan Wedekind
 +
type = fisheye
 +
maptex = landscapes/sheffieldrivelin.png
 +
texturefov = 270
 +
 +
==BrendaEM - アメリカ、カリフォルニア州のサンノゼ==
 +
{|
 +
| http://www.brendamake.com/temp/sanjose-thumb.png
 +
| この画像はNasaのWorldWindを用いて作成しました。45度ずつスクリーンショットを撮影し、北の山に沿ってその画像を合成しました。このような図は、世界中のあらゆる場所に対して作成できます。"BigScreenshot"と呼ばれるWorldWind用のプラグインを用いるとより簡単に作成できるでしょう。ただし、自動でやってくれるわけではありません。また、完全に自動化するようにプラグインを作成することも可能です。
 +
|}
 +
 +
===ダウンロード===
 +
*[http://www.brendamake.com/temp/sanjose.png sanjose.png] (1.5MB)
 +
 +
===インストール===
 +
#.pngファイルを<code><設定用ディレクトリ>/textures/landscapes</code>にコピーしてください
 +
#<code><設定用ディレクトリ>/data/landscapes.ini</code>に、次の内容を追加してください
 +
[San_Sose]
 +
name = San Jose, CA
 +
author = Brenda Make
 +
description = This Landscape of San Jose, California, USA \nwas made using stitched screenshots \ntaken from NASA's WorldWind.
 +
type = spherical
 +
maptex = landscapes/sanjose.png
 +
 +
 +
=背景画像を提供してください=
 +
もし背景画像を作成したのなら、是非ここに掲載してください。サムネイル画像は、プロジェクトメンバーの誰かがあとで追加してくれるでしょう。
 +
 +
==保存場所が必要ですか?==
 +
 +
背景画像を提供したいけど、それを保存するWebスペースがない場合などは、[[User:matthewg42|Matthew Gates]]に英語でメールを送信してください。そうすれば[http://porpoisehead.net/ 彼のサイト]にそれを掲載してくれるでしょう。
 +
 +
==背景画像を作成するための道具など==
 +
以下のソフトウェアは、背景画像を作成する場合とても役に立つでしょう:
 +
 +
{| cellpadding=2 border=1
 +
| width=15% | '''ソフトウェア''' || width=20% | '''OS''' || width=15% | '''ライセンス''' || width=40% | '''備考'''
 +
|-
 +
||[http://www.cs.ubc.ca/~mbrown/autostitch/autostitch.html Autostitch]
 +
|| win32; Linux (wineで使えます)
 +
|| シェアウェア/デモ
 +
|| 綺麗に画像を合成してくれます。お金を払ったバージョンの場合、さまざまな投影方法も使えるようになります。ソースコードは提供されていません。
 +
|-
 +
||[http://hugin.sourceforge.net/ Hugin]
 +
|| Linux; FreeBSD; MacOSX; win32
 +
|| GPL
 +
|| HuginはGUIを備えたパノラマ画像作成ツールです。
 +
|-
 +
||[http://webuser.fh-furtwangen.de/~dersch/ Panorama Tools]
 +
|| Linux; FreeBSD; MacOSX; win32
 +
|| GPL
 +
||
 +
|}

Latest revision as of 07:56, 5 July 2012

ここには、Stellariumの利用者によって作られた、いろんな背景画像へのリンクがあります。

註:バージョン0.9.0以降、背景画像ファイルの場所や内容、インストール方法が若干変更されています。新しいバージョンにおけるインストール方法は、こちらのページを確認してください。

[edit] 新しい背景をインストールするための、一般的な注意点

より具体的な方法は、それぞれの背景のところに書いてあります。

  1. 1つかそれ以上の.pngファイルを特定のディレクトリにコピーします
  2. landscape.iniファイルを編集する

それぞれの背景の説明の中には<設定用ディレクトリ>という言葉がでてきます。これに関する詳しいことは、ここで読むことができます。

新しい背景をインストールしたあとは、変更を反映するためにStellariumを再起動してください。うまく設定できているなら、環境設定ウィンドウの背景タブに新しい背景が追加されていることでしょう。

新しい背景の作成方法については、取扱説明書に書いてあります。

[edit] 背景画像集

[edit] Paul Bourke - 背景画像集

bourke.jpg Paul Bourkeはこのページで、オーストラリアやカンボジア、インドなどを含む、さまざまな場所や画像の背景を提供しています。360度の魚眼画像であり、大地を見回すことができるようになっています。

[edit] ダウンロード

PaulのWebサイトからファイルをダウンロードしてください。

[edit] インストール

  1. 背景画像を<設定用ディレクトリ>/textures/landscapesにコピーしてください
  2. <設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniファイルを編集します。PaulのWebサイトに書いてある内容を追記してください

[edit] Barry Gerdes - オーストラリアのシドニーにあるボーモントの丘

beaumont-hills.jpg Barryは彼の家の屋根から見える風景を元に、複数の画像を使った背景を作成してくれました。この背景の作成方法については、Stellarium取扱説明書に詳細に書かれています。

[edit] ダウンロード

[edit] インストール

Stellarium version 0.7.1の場合:

  1. ダウンロードしたファイルを解凍してください
  2. .pngファイルを<設定用ディレクトリ>/textures/landscapesにコピーしてください
  3. landscapes.iniを<設定用ディレクトリ>/data directoryにコピーしてください(元ファイルを上書きしてください)。もし元のlandscapes.iniを既に修正しているなら、[Beaumonthills]セクションだけを、元ファイルの最後に追加してください

Stellarium version 0.8.0の場合:

  1. ダウンロードしたファイルを解凍してください
  2. .pngファイルを<設定用ディレクトリ>/textures/landscapesにコピーしてください
  3. <設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniに、次の内容を追加してください
[Beaumonthills]
name = beaumont
Author = B.Gerdes
description = Local Site Panorama
type = old_style
nbsidetex = 10
tex0 = landscapes/beau1.png
tex1 = landscapes/beau2.png
tex2 = landscapes/beau3.png
tex3 = landscapes/beau4.png
tex4 = landscapes/beau5.png
tex5 = landscapes/beau6.png
tex6 = landscapes/beau7.png
tex7 = landscapes/beau8.png
tex8 = landscapes/beau9.png
tex9 = landscapes/beau10.png
nbside = 10
side0 = tex8:0:0.005:1:1
side1 = tex9:0:0.005:1:1
side2 = tex0:0:0.005:1:1
side3 = tex1:0:0.005:1:1
side4 = tex2:0:0.005:1:1
side5 = tex3:0:0.005:1:1
side6 = tex4:0:0.005:1:1
side7 = tex5:0:0.005:1:1
side8 = tex6:0:0.005:1:1
side9 = tex7:0:0.005:1:1
groundtex = landscapes/beaub.png
ground = groundtex:0:0:1:1
fogtex = fog.png
fog = fogtex:0:0:1:1
nb_decor_repeat = 1
decor_alt_angle = 35
decor_angle_shift = -22
decor_angle_rotatez = -29
ground_angle_shift = -22
ground_angle_rotatez = 95
fog_alt_angle = 20
fog_angle_shift = -3
draw_ground_first = 1

[edit] Steinar Midtskogen - ノルウェーのオスロにあるVoksenlia

voksenlia.jpg Steinar MidtskogenはノルウェーのオスロにあるVoksenlia(北緯59°58'14、東経10°38'57、高度348m)の風景を元にした、とても大きな(17MBもの!)背景画像を送ってくれました。

[edit] ダウンロード

voksenlia.png

[edit] インストール

  1. このファイルを<設定用ディレクトリ>/textures/landscapesに保存してください
  2. <設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniに、以下の内容を追加してください:
[voksenlia]
name = Voksenlia
type = spherical
maptex = landscapes/voksenlia.png

[edit] Friedrich Noelle & Barry Gerdes - スコットランドのエディンバラにあるコールトンの丘

observatory-hill-Barry.jpg Friedrich Noelleはエディンバラの丘からの素晴らしいパノラマ写真を撮影し、BarryがStellariumの背景に使えるよう変換してくれました。

[edit] ダウンロード

[edit] インストール

Stellarium version 0.8.0用:

  1. ダウンロードしたファイルを解凍してください
  2. .pngファイルを<設定用ディレクトリ>/textures/landscapesにコピーしてください
  3. <設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniに、次の内容を追加してください
[Edinburgh]
name = edinburgh
type = old_style
nbsidetex = 8
tex0 = landscapes/edin-1.png
tex1 = landscapes/edin-2.png
tex2 = landscapes/edin-3.png
tex3 = landscapes/edin-4.png
tex4 = landscapes/edin-5.png
tex5 = landscapes/edin-6.png
tex6 = landscapes/edin-7.png
tex7 = landscapes/edin-8.png
nbside = 8
side0 = tex5:0:0.005:1:1
side1 = tex6:0:0.005:1:1
side2 = tex7:0:0.005:1:1
side3 = tex0:0:0.005:1:1
side4 = tex1:0:0.005:1:1
side5 = tex2:0:0.005:1:1
side6 = tex3:0:0.005:1:1
side7 = tex4:0:0.005:1:1
groundtex = landscapes/edinb.png
ground = groundtex:0:0:1:1
fogtex = fog.png
fog = fogtex:0:0:1:1
nb_decor_repeat = 1
decor_alt_angle = 40
decor_angle_shift = -17
decor_angle_rotatez = -21
ground_angle_shift = -17
ground_angle_rotatez = 135
fog_alt_angle = 20
fog_angle_shift = -3
draw_ground_first = 1

[edit] Graeme Ewing - オーストラリアのロード・ハウ島にあるトランジットの丘

transit-hill.jpg Graeme Ewingは天文学的にも意義深く、眺めも素晴らしいパノラマ画像を提供してくれました。これは、オーストラリアのシドニーの北東にある、トランジットの丘です。

[edit] ダウンロード

[edit] インストール

Stellarium version 0.8.0用:

  1. ダウンロードしたファイルを解凍してください
  2. .pngファイルを<設定用ディレクトリ>/textures/landscapesにコピーしてください
  3. <設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniに、次の内容を追加してください
[transithill]
name = TransitHill
author = Graeme Ewing
description = Transit Hill is on Lord Howe Island where \nastronomers attempted to observe the transit of \nVenus across the sun in 1882.Lord Howe  Island \nis a jewel on the World Heritage List 770 kilometres \nnorth east   of Sydney, Australia.
type = old_style
nbsidetex = 10
tex0 = landscapes/transithill4.png
tex1 = landscapes/transithill5.png
tex2 = landscapes/transithill6.png
tex3 = landscapes/transithill7.png
tex4 = landscapes/transithill8.png
tex5 = landscapes/transithill9.png
tex6 = landscapes/transithill10.png
tex7 = landscapes/transithill1.png
tex8 = landscapes/transithill2.png
tex9 = landscapes/transithill3.png
nbside = 10
side0 = tex0:0:0.005:1:1
side1 = tex1:0:0.005:1:1
side2 = tex2:0:0.005:1:1
side3 = tex3:0:0.005:1:1
side4 = tex4:0:0.005:1:1
side5 = tex5:0:0.005:1:1
side6 = tex6:0:0.005:1:1
side7 = tex7:0:0.005:1:1
side8 = tex8:0:0.005:1:1
side9 = tex9:0:0.005:1:1
groundtex = landscapes/transithillb.png
ground = groundtex:0:0:1:1
fogtex = fog.png
fog = fogtex:0:0:1:1
nb_decor_repeat = 1
decor_alt_angle = 45
decor_angle_shift = -22
decor_angle_rotatez = -20
ground_angle_shift = -22
ground_angle_rotatez = 45
fog_alt_angle = 20
fog_angle_shift = -3
draw_ground_first = 1

[edit] Johan - 火星にあるハズバンドの丘

husband-hill.jpg JohanはNASAが公開した火星の画像を、Stellariumで使えるようなパノラマ画像へと変換してくれました。火星探査車のスピリットは2005年8月の24日から27日にかけて、この画像を作成しました。画像の著作権はNASA/JPL-Caltech/Cornellにあります。

この画像についての情報は次のWebサイトを読んでください: http://marsrovers.nasa.gov/gallery/panoramas/spirit/2005.html

[edit] ダウンロード

[edit] インストール

  1. ダウンロードした.pngファイルを<設定用ディレクトリ>/textures/landscapesにコピーしてください
  2. <設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniに、次の内容を追加してください
[mars]
name = Husband Hill, Mars
type = spherical
maptex = landscapes/husband-hill.png

[edit] Johan - ポルトガル、アルガルベ地方のラゴスにあるピエダデ岬

ponta-da-piedade.jpg Johanは2006年の6月にこの風景を撮影し、Stellariumで使えるように修正してくれました。

ここはポルトガル南部の大西洋に面した海岸で、砂岩の絶壁や灯台、天然の橋が見てとれます。

[edit] ダウンロード

[edit] インストール

  1. ダウンロードしたファイルを解凍してください
  2. .pngファイルを<設定用ディレクトリ>/textures/landscapesにコピーしてください
  3. <設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniに、次の内容を追加してください
[Lagos]
name = Ponta da Piedade, Portugal
type = spherical
maptex = landscapes/lagos.png

[edit] Mike - 海

landscape_ocean_thumb.jpg Mikeはフォーラムにこの背景画像を投稿してくれました。これは目を瞠るような風景画像を生成するTerragenを使って作成されました。もし、はっきりした水平線を背景にしたい場合、この画像が役立つでしょう。

[edit] ダウンロード

[edit] インストール

  1. ダウンロードしたファイルを解凍してください
  2. .pngファイルを<設定用ディレクトリ>/textures/landscapesにコピーしてください
  3. <設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniに、次の内容を追加してください
[Ocean]
name = Ocean
type = old_style
nbsidetex = 8
tex0 = landscapes/ocean1.png
tex1 = landscapes/ocean2.png
tex2 = landscapes/ocean3.png
tex3 = landscapes/ocean4.png
tex4 = landscapes/ocean5.png
tex5 = landscapes/ocean6.png
tex6 = landscapes/ocean7.png
tex7 = landscapes/ocean8.png
nbside = 8
side0 = tex0:0:0.005:1:1
side1 = tex1:0:0.005:1:1
side2 = tex2:0:0.005:1:1
side3 = tex3:0:0.005:1:1
side4 = tex4:0:0.005:1:1
side5 = tex5:0:0.005:1:1
side6 = tex6:0:0.005:1:1
side7 = tex7:0:0.005:1:1
groundtex = landscapes/ocean9.png
ground = groundtex:0:0:1:1
fogtex = fog.png
fog = fogtex:0:0:1:1
nb_decor_repeat = 1
decor_alt_angle = 45
decor_angle_shift = -44.5
decor_angle_rotatez = 180
ground_angle_shift = -44.5
ground_angle_rotatez = 90
fog_alt_angle = 40
fog_angle_shift = -6
draw_ground_first = 1

[edit] Mike - マーズ・オポチュニティ

landscape_marsopportunity_thumb.jpg Mikeはこの画像をフォーラムに投稿してくれました。もう一台の火星探査車であるオポチュニティからの画像です。

[edit] ダウンロード

[edit] インストール

  1. ダウンロードしたファイルを解凍してください
  2. .pngファイルを<設定用ディレクトリ>/textures/landscapesにコピーしてください
  3. <設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniに、次の内容を追加してください
[Mars_Opportunity_Rover]
name = Mars_Opportunity_Rover
type = spherical
maptex = landscapes/Mars_Opportunity_Rover.png

[edit] Hiram Bertoch - ソルトレークシティ

saltlakecity.jpg Hiramはこのパノラマ画像をKidsKnowIt Networkの奉仕活動の中で作成してくれました。

[edit] ダウンロード

[edit] インストール

  1. ダウンロードしたファイルを解凍してください
  2. 全てのpng画像をテクスチャフォルダにコピーしてください
  3. landscapes.ini.txtの内容を、landscapes.iniに追加してください

[edit] Martin Mutti - スイスのGurnigel

landscape_gurnigel_thumb.png これはベルンにある天文学会の観測所からの風景です。

[edit] ダウンロード

[edit] インストール

  1. ダウンロードしたファイルを解凍してください
  2. 全てのpng画像をtextures/landscapesフォルダにコピーしてください
  3. zipファイルの中にあったlandscapes.iniの内容を、<設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniに追加してください

[edit] Dmitri Ardashev - ロシアのTishinka

tishinka-ardashev.jpg Tishinkaはモスクワとカルーガの間にあり、モスクワから130km南西に位置する小さな村です(北緯55°18'32.46、東経36°26'42.06、高度195メートル)。

[edit] ダウンロード

[edit] インストール

  1. ダウンロードしたファイルを解凍してください
  2. 全てのpng画像をtextures/landscapesフォルダにコピーしてください
  3. zipファイルの中にあったlandscapes.iniの内容を、<設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniに追加してください

[edit] Makc - エベレスト山頂

landscape_everest_thumb.png 海抜8850メートルという、エベレスト山頂からのすばらしい眺めです。Roddy Mackenzieは1989年に登頂し、この画像を撮影しました。

[edit] ダウンロード

[edit] インストール

  1. ダウンロードしたファイルを解凍してください
  2. 著作権と使い方に関して書いてあるreadme.txtを読んでください
  3. everest.pngをtextures/landscapesフォルダにコピーしてください
  4. zipファイルの中にあったlandscapes.iniの内容を、<設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniに追加してください

[edit] Makc - 国際宇宙ステーション

landscape_iss_thumb.png この画像はCelestiaという素晴らしいソフトを利用して作成しました。

[edit] ダウンロード

[edit] インストール

  1. ダウンロードしたファイルを解凍してください
  2. 著作権と使い方に関して書いてあるreadme.txtを読んでください
  3. iss.pngをtextures/landscapesフォルダにコピーしてください
  4. zipファイルの中にあったlandscapes.iniの内容を、<設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniに追加してください


[edit] Sylvain Rondi - フランスのピク・デュ・ミディ天文台にあるT60ドーム

wiki-panot60.jpg Sylvainは2007年の2月にこの写真を撮影し、Stellariumで使えるように加工しました。これはピク・デュ・ミディ天文台に設置された、 T60 Associationと呼ばれるアマチュアの60cm望遠鏡ドームからの風景です。

[edit] ダウンロード

[edit] インストール

  1. .pngファイルを<設定用ディレクトリ>/textures/landscapesにコピーしてください
  2. <設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniに、次の内容を追加してください
[T60 Pic du Midi]
name = T60 Pic du Midi
author = S.Rondi, I.Debordeaux, B.David
description = Panorama depuis le fameux T60 \ndu non moins celebre Observatoire \ndu Pic du Midi  (2877m).
type = spherical
maptex = landscapes/picdumidi-t60.png

[edit] Sylvain Rondi - フランスのピク・デュ・ミディ天文台にあるT1Mテラス

wiki-panot1m.jpg Sylvainは2007年の2月にこの写真を撮影し、Stellariumで使えるように加工しました。これはピク・デュ・ミディ天文台にある106cm望遠鏡のテラスからの風景です。

[edit] ダウンロード

[edit] インストール

  1. .pngファイルを<設定用ディレクトリ>/textures/landscapesにコピーしてください
  2. <設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniに、次の内容を追加してください
[T1M Pic du Midi]
name = T1M Pic du Midi
author = S.Rondi, I.Debordeaux, B.David
description = Panorama depuis la terrasse du T1M \nde l'Observatoire du Pic du Midi (2877m).
type = spherical
maptex = landscapes/picdumidi-t1m.png

[edit] Jan Wedekind - イギリスはシェフィールドにあるRivelin川

sheffieldrivelin-thumb.png これは、40毎の写真とhuginを用いて作成した270度パノラマ画像です。2007年の4月中旬のシェフィールドのRivelin川の様子です。周辺部はgimpを用いてぼやかし、地平線付近の露出過多な部分は削除しました。著作権表示:(C) 2007, Jan Wedekind, Creative Commons Attribution ShareAlike License 2.0.

[edit] ダウンロード

[edit] インストール

  1. .pngファイルを<設定用ディレクトリ>/textures/landscapesにコピーしてください
  2. <設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniに、次の内容を追加してください
[sheffield]
name = Sheffield Rivelin, UK
author = Jan Wedekind
type = fisheye
maptex = landscapes/sheffieldrivelin.png
texturefov = 270

[edit] BrendaEM - アメリカ、カリフォルニア州のサンノゼ

sanjose-thumb.png この画像はNasaのWorldWindを用いて作成しました。45度ずつスクリーンショットを撮影し、北の山に沿ってその画像を合成しました。このような図は、世界中のあらゆる場所に対して作成できます。"BigScreenshot"と呼ばれるWorldWind用のプラグインを用いるとより簡単に作成できるでしょう。ただし、自動でやってくれるわけではありません。また、完全に自動化するようにプラグインを作成することも可能です。

[edit] ダウンロード

[edit] インストール

  1. .pngファイルを<設定用ディレクトリ>/textures/landscapesにコピーしてください
  2. <設定用ディレクトリ>/data/landscapes.iniに、次の内容を追加してください
[San_Sose] 
name = San Jose, CA 
author = Brenda Make 
description = This Landscape of San Jose, California, USA \nwas made using stitched screenshots \ntaken from NASA's WorldWind. 
type = spherical 
maptex = landscapes/sanjose.png


[edit] 背景画像を提供してください

もし背景画像を作成したのなら、是非ここに掲載してください。サムネイル画像は、プロジェクトメンバーの誰かがあとで追加してくれるでしょう。

[edit] 保存場所が必要ですか?

背景画像を提供したいけど、それを保存するWebスペースがない場合などは、Matthew Gatesに英語でメールを送信してください。そうすれば彼のサイトにそれを掲載してくれるでしょう。

[edit] 背景画像を作成するための道具など

以下のソフトウェアは、背景画像を作成する場合とても役に立つでしょう:

ソフトウェア OS ライセンス 備考
Autostitch win32; Linux (wineで使えます) シェアウェア/デモ 綺麗に画像を合成してくれます。お金を払ったバージョンの場合、さまざまな投影方法も使えるようになります。ソースコードは提供されていません。
Hugin Linux; FreeBSD; MacOSX; win32 GPL HuginはGUIを備えたパノラマ画像作成ツールです。
Panorama Tools Linux; FreeBSD; MacOSX; win32 GPL
Personal tools
Namespaces
Variants
Actions
in this wiki
other languages
Toolbox